研究設備トピックス


高温レーザ顕微鏡システム
導入時期:
平成17年 4月
概 要:
このシステムは共焦点光学系をもつレーザ顕微鏡と赤外線加熱炉から構成される。共焦点光学系においては合焦点のレーザ反射光のみがCCD前に設置されたピンホールを通り抜けられるように設計されているため、高温輻射下で、観察面の組織を光学顕微鏡とほぼ同じ分解能で観察することが可能となる。観察点は音響光学素子による高速スキャニングによりイメージ化され30 フレーム/秒での高時間分解能観察が可能となる。試料フォルダには高純度アルミナ坩堝を使用し試料を入れ、背面にB型熱電対を取り付けた白金台上に設置する。雰囲気は99.99996%の高純度アルゴンガスで置換する(大気圧)。高温引張、曲げユニットを用いた観察も可能。
問合せ先:
           



 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka Uni versity. All Rights Reserved.