研究設備トピックス


構造部材疲労試験装置
導入時期:
昭和56年 3月
概 要:
最大荷重:±200kN, ストローク:±30mm, 繰返し速度:0.01~20Hz
問合せ先:
           



 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka Uni versity. All Rights Reserved.