研究分野

 産業のグローバル化に対応した革新的ものづくりを実現するには、材料の機能・特性を活かせるように構造化し、供用下において高い信頼性を発現・維持できるように継手設計を行うことが重要である。本研究分野は、溶接・接合で組み立てられる構造物や工業製品の耐破壊安全性評価を担い、材料強度/継手強度から構造全体の健全性を評価できる手法を構築することを目指した教育研究を行う。研究の特徴は、ローカルアプローチによる損傷・破壊評価にあり、これによって小型破壊靭性試験片と大型構造要素の強度・性能を結びつけ、供用下で生じうる損傷やキズの許容限界を設計段階で提示できる手法を具現化する。研究成果は、国内規格・国際規格及びガイドラインの形で標準化し、一般社会に還元する。

研究テーマ

  1. ワイブル応力を駆使した鋼構造の破壊安全性評価
  2. 溶接構造物の供用適性評価手法の開発
  3. 異材接合体の破壊靭性及び界面強度評価
  4. 動的荷重下での破壊性能評価
  5. 高速亀裂伝播/ 停止の科学的探求

教授
南 二三吉


助教
高嶋 康人

ワイブル応力クライテリオンによる溶接鋼構造物の耐破壊安全性評価

鋼構造物を対象とした日本発・世界初の破壊評価国際規格 ISO27306の開発

異材接合シャルピー試験片の動的応力・ひずみ解析

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.