研究分野

 ライフイノベーション(生活革新)に資する新材料ならびにそのプロセス技術を開発し、先端プロセス科学の観点から人々が健康的に暮らすサステイナブル社会の実現を目指す。人に優しい動力伝達機能を有し次世代リハビリロボットに応用可能な磁気粘性流体をはじめとして、ライフイノベーションに貢献する機能性材料を開発する。また、そのためのプロセス技術として、固液界面を含む多様な接合形態とそのナノ構造制御等に基づいた方法論を開拓する。

研究テーマ

  1. 可逆な粘弾性接合技術の開発
  2. 自己組織化合成プロセスの開発
  3. ソフト接合プロセスの開発
  4. 微粒子アセンブリ技術の高度化

 
准教授
阿部 浩也
 


材料開発のために、本研究室で液相合成されたナノ・マイクロ材料


刺激応答性コロイドの開発と3Dプリンティング技術や機能性流体材料(磁気粘性流体)への応用

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.