研究業績

分類
日付  /   /   -   /   / 
年は西暦4桁表記入力します。 指定の無いとき、過去1年間分まで表示します。
分野
著者
検索結果を表示するには「検索」ボタンを選択してください

[日立造船先進溶接技術共同研究部門]分野指定

国内会議発表論文

表 題 研究業績概要 氏 名
9Cr-1Mo-V鋼製プロセス機器におけるSAW溶接部の機械的性質に及ぼす溶接後熱処理条件の影響 溶接構造シンポジウム2017講演論文集,,(2017),547-550 田中 智大
安部 正光
中谷 光良
寺崎 秀紀
パイプ溶接部のビード形状計測技術の開発 溶接構造シンポジウム2017講演論文集,,(2017),189-192 阿部 洋平
中谷 光良
足達 昌彦
谷 和彦
湯藤 尚人
狭開先レーザ多層溶接における変形解析 溶接構造シンポジウム2017講演論文集,,(2017),79-82 夏目 糧平
山﨑 洋輔
中谷 光良
河原 充
柴原 正和
多軸パイプ構造物の溶接継手設計と切断CAMシステム 溶接構造シンポジウム2017講演論文集,,(2017),113-116 佐々木 要輔
湯藤 尚人
永井 昭弘
谷 和彦
上山 尚
阿部 洋平
中谷 光良
大型円筒構造物の溶接変形に及ぼす拘束冶具および溶接順序の影響の検討 溶接構造シンポジウム2017講演論文集,,(2017),83-86 小田 和生
中谷 光良
谷 和彦
山田 順也
河原 充
柴原 正和
表面機械加工による残留応力の発生と開放が形状に及ぼす影響の検討 溶接構造シンポジウム2017講演論文集,,(2017),361-364 Tu Siyang
谷 和彦
成山 達也
一地 剛志
中谷 光良

国際会議発表,国内学会発表

表 題 研究業績概要 氏 名
Numerical Simulation of Weld Pool Formation and Slag Forming Processes during Submerged Arc Welding using DEM and ISPH method IIW Commissions I, IV, XII/SG 212 Joint intermediate meeting,Slovenia,(2018.03.12-2018.03.13),Doc.XII- 2364 -18 /212-1532-18 /IV-1373-18 H. Komen
M. Shigeta
M. Tanaka
M. Nakatani
Y. Abe
Numerical Simulation of Flux Melting Process during Submerged Arc Welding using DEM-ISPH Hybrid Method 70th IIW Annual Assembly and International Conference,Shanghai, China,(2017.06.25-2017.06.30),Doc. 212-1487-17 H. Komen
M. Shigeta
M. Tanaka
M. Nakatani
Y. Abe

解説

表 題 研究業績概要 氏 名
次世代超大型望遠鏡の構造とその製造方法 生産と技術,69,3(2017),79-84 中谷 光良
阿部 洋平
成山 達也
谷 和彦
永井 昭弘
湯藤 尚人
辻 丈彰

受賞

賞 名 主催団体 氏 名
シンポジウム論文賞 大阪大学 接合科学研究所 中谷 光良
佐々木 要輔
阿部 洋平 
 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.