head_ja.png









Japanese.pngEnglish.png

本研究室では,材料組織学的な視点から溶接冶金現象を解明し,
社会に還元できる新たな溶接・接合技術の創出を目指します.

 次世代の高機能機械製品・構造物の製造には,革新的なものづくり技術の構築が求められています.本研究室では,材料の特性や機能を最大限に活用するため,材料科学的な観点から,溶接・接合部の特性の高精度な評価,支配因子の解明ならびにその制御・予測技術を構築することを目指した教育・研究を行っています.特に,材料の凝固・変態挙動の理解を踏まえた溶接・接合部の組織形成機構の解明や,溶接・接合部の信頼性や寿命の評価・予測を目指し,実験とシミュレーションを用いた研究を推進し,社会に還元できる新たな溶接・接合技術の創出を目指しています.

  • 溶接・接合部の組織形成機構(凝固・相変態 等)の解明
  • 溶接・接合部の各種特性や割れ等の欠陥形成支配要因の解明
  • 革新的な組織制御による溶接部の特性改善・信頼性評価予測技術の開発

近年の研究テーマ

  ➢ 高強度鋼溶接金属の組織形成および機械的特性と凝固挙動の関係
  ➢ 溶接高温割れ感受性に及ぼす支配因子の解明と割れ発生予測技術の構築
  ➢ 粒界制御による溶接凝固組織制御と高温割れ感受性の改善
  ➢ ステンレス鋼異材溶接部の耐食性影響因子の解明
  ➢ その場観察法を用いた溶接凝固・変態,高温割れ発生挙動の高精度評価法の構築
  ➢ 炭素鋼鋼溶接金属の包晶反応機構の解明         など

1-1.png

Research2_1.png

1-2.png


1-3.png