ご挨拶

 本研究所は、我が国の溶接工学関連の研究者、技術者の強い要望に応えた日本学術会議の勧告に基づいて、1969年に大阪大学工学部附属「溶接工学研究施設」として設置され、その後、1972年に本学の独立した部局である「溶接工学研究所」として設立されました。これは、工学系で我が国初の全国共同利用研究所として、溶接工学に関する総合研究を目的とするものでした。そして、科学技術の着実な進歩と発展、ものづくりの変革とグローバル化の大きな潮流の中で、「つなぐ」ことへの産業界の要望と期待がより高度に多様化された結果、1996年に「接合科学研究所」に改組・改称されました。また、2004年には国立大学法人化に伴って国立大学法人大阪大学の附置研究所としてスタートし、2009年に文部科学省から「接合科学共同利用・共同研究拠点」として認定されました。本研究所は、1972年に設立されて以来、「溶接」から「接合」への変革・転換を遂げながら、溶接工学・接合科学の基礎・応用研究を精力的に展開し、その結果、溶接・接合分野における我が国唯一、世界屈指の総合研究所として認知されるに至りました。
 さて、多様性に富む複雑なグローバル社会の中で、現在、大学に求められるものは、物事の本質を見極める研究活動によりイノベーションを創出し、健全で豊かな人類社会の発展に貢献することであり、また、それを成し遂げるための人材を育成することです。一方、私たちの身の回りの社会に視点を移すと、多機能モバイルフォンなどの電子デバイスから自動車や航空機などの輸送機器、超高層ビルなどの巨大構造物、さらにはロケットや人工衛星などの宇宙関連機器に至るまで、多種多様な「もの」と私たちの生活が関わっていることに気付きます。これらの「もの」は我が国が得意とする「ものづくり」産業から産み出されるものであり、そして、材料と材料をつなぐ、部材と部材をつなぐ溶接・接合技術があってはじめて形あるものとして産み出されるものです。
 本研究所では、「接合プロセス研究部門」、「接合機構研究部門」、「接合評価研究部門」の3研究部門が「溶接・接合」の圧倒的な強みとなってその基盤研究を行い、また、「スマートプロセス研究センター」が接合科学の未来を探る役割を担うことにより、3研究部門とセンターが個々の専門性を発揮しつつ相互が有機的に連繋し、溶接・接合技術のイノベーション創出を通して、人類社会に貢献することを目指します。他方、接合科学共同利用・共同研究拠点として、国内の国公私立大学などから毎年200名以上の共同研究員を受け入れるとともに、国際共同研究員制度により多くの外国人研究者を受け入れ、活発な国際共同研究を推進しています。さらに、2016年度にスタートした6大学6研究所連携による「学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト」事業では、拠点間の連携を通じて、6研究所が個々の強みを発揮し、人間の生活を支える「生活革新材料(ライフイノベーションマテリアル)」を創製し、異分野横断的新学術分野の構築を目指します。
 以上のようにユニークな本研究所のもう一つの特色は、大阪大学憲章にも掲げられている「実学の伝統」を活かして、ものづくり産業界との活発な連携を行っている点です。民間企業との共同研究を活発に推進するとともに、協働研究所や共同研究部門を設置し、溶接・接合に関わる産学共創の拠点にもなっています。他方、人材育成の観点では、協力講座として、毎年、本学工学研究科から100名に及ぶ大学院生と学部生を受け入れ、世界トップレベルの研究活動を通じた高等教育を行っています。その一方で、国際標準化機構(ISO)に準拠した、大学院生向けの「国際溶接技術者(IWE)コース」を2008年に開設しました。本コース修了者が、別途、国際溶接学会(IIW)が実施する資格試験に合格すれば、IWEという世界で通用するディプロマ資格を取得できます。本研究所は、国際資格取得という見える形で高度専門職を有する若手技術者の育成に努めています。さらに、文部科学省特別経費による「広域アジアものづくり技術・人材高度化拠点形成事業-カップリング・インターンシップによる実践型グローバル人材育成-」プロジェクトは、2013~2017年度(5ヶ年)の活動フェーズIを経て、2018年度よりフェーズIIに入りました。本研究所の強力な国際ネットワークを活用して、広域アジア地域の日系企業と連携を図りながらカップリング・インターンシップを実施し、実践型グローバル人材の育成にも努めています。
 接合科学研究所は、2022年に創立50周年を迎えます。21世紀の人類社会のニーズに応え、22世紀に輝くグローバル社会を夢見て、溶接・接合分野の世界研究拠点として健全で豊かな人類の繁栄と発展に資するべく、所員一同努力していく所存であります。 皆様のご支援・ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.