国際交流

諸外国の大学、研究機関と積極的に溶接・接合科学に関する
国際交流を推進しており、毎年多くの研究者を受け入れています。
また、外国研究機関とのシンポジウムも行っています。






学術交流協定機関(2019年4月現在)

機関名 国名 締結期間
オハイオ州立大学産業溶接システム工学科 アメリカ合衆国 1995.2〜
スロバキア溶接研究所 スロバキア共和国 1995.4〜
ハルビン工業大学材料科学及工程学院 中華人民共和国 1999.9〜
西ボヘミア大学応用物理学部 チェコ共和国 1999.12〜
エジプト中央金属研究所 エジプト・アラブ共和国 2007.11〜
慶南大学校産学共同研究センター 大韓民国 2009.7〜
セルビア科学芸術アカデミー技術科学研究所 セルビア共和国 2009.8.4〜
天津大学材料科学及び工程学院 中華人民共和国 2009.9〜
山東大学材料連接技術研究所 中華人民共和国 2010.9〜
スペイン・マドリッド州立材料研究所 スペイン共和国 2011.4〜
ヤンゴン工科大学 ミャンマー連邦共和国 2012.8〜
マラヤ大学工学部 マレーシア 2012.9〜
インドネシア大学 工学部 インドネシア共和国 2012.11〜
ロシア極東連邦総合大学 工学部溶接工学科 ロシア連邦 2012.11〜
インド工科大学ハイデラバード校 インド共和国 2012.11〜
モンクット王北バンコク工科大学 機械教育工学科 タイ王国 2012.12〜
国立台湾大学 工学部 台湾 2012.12〜
ドイツ材料技術研究所 ドイツ連邦共和国 2013.1.17〜
キングサウド大学 工学部 サウジアラビア王国 2013.3〜
ハノイ工科大学・溶接工学 金属技術学科 ベ トナム社会主義共和国 2013.7〜
カセサート大学 工学部 タイ王国 2013.9.10 〜
タイ国立科学技術開発庁 タイ王国 2013.10〜
ハノイ国家大学 科学技術大学 ベトナム社会主義共和国 2014.1〜
デ・ラ・サール大学理学部・工学部 フィリピン共和国 2014.1〜
オークランド工科大学 設計創造科学技術学部 ニュージーランド 2014.4〜
モンクット王トンブリ工科大学工学部・キングウエルド溶接研究コンサルティングセンター タイ王国 2014.6〜
中国科学院上海珪酸塩研究所・高性能セラミックス研究所 中華人民共和国 2014.9〜
韓国先端科学技術大学 大韓民国 2014.10〜
チュラロンコン大学工学部 タイ王国 2015.2〜
ローマ大学ベルガータ校インダストリアル・エンジニアリング科 イタリア共和国 2015.3〜
蘭州理工大学非鉄金属高度処理及び再利用国家重点研究所部 中華人民共和国 2015.4 〜
西安理工大学材料工学部 中華人民共和国 2015.4〜
ロシア極東連邦総合大学高等教育機関 ロシア連邦 2015.4〜
ドルトムンド工科大学機械工学科 ドイツ連邦共和国 2015.4〜
イスタンブール工科大学船舶海洋構造工学科 トルコ共和国 2015.4〜
広東工業大学機械工学科 中華人民共和国 2015.10〜
天津理工大学材料工学部 中華人民共和国 2015.10〜
朝鮮大学接合工学科 大韓民国 2015.10〜
オーストラリア連邦科学産業研究機構 オーストラリア 2015.11〜
マレーシアペルリス大学材料工学部 マレーシア 2015.11〜
北京工業大学自動車構造部材先進製造技術工学研究センター 中華人民共和国 2015.11〜
西安石油大学材料工学部 中華人民共和国 2016.2〜
フラウンホーファー研究機構・材料・ビーム技術研究所 ドイツ連邦共和国 2016.3〜
カリフォルニア大学ロサンゼルス校機械航空工学部 アメリカ合衆国 2016.5〜
金烏工科大学 先端材料・部材自発的創造教育センター 大韓民国 2016.10〜
ミシガン大学船舶海洋工学科 アメリカ合衆国 2017.6~
朝鮮大学校船舶海洋工学科 大韓民国 2017.6~
グルノーブル工科大学マテリアル科学・工学研究所 フランス共和国 2018.~
東北大学制御圧延・自動化国家重点研究室 中華人民共和国 2018.2~
ホーチミン市国家大学工科大学機械工学部 ベトナム社会主義共和国 2018.3~
ベトナム科学技術アカデミー材料科学研究所 ベトナム社会主義共和国 2018.5~
中国科学院プロセス工学研究所 中華人民共和国 2018.10~
東義大学溶接工学教育センター 大韓民国 2018.10~
フレミッシュ科学技術研究所 ベルギー王国 2018.12~
AGH科学技術大学 ポーランド共和国 2019.1~
香港城市大学工学部・理学部 中華人民共和国(香港) 2019.2~
*大学間学術交流に移行
 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.