研究分野

 資源・エネルギーの有効利用は、省エネとしての直接的効果の他、環境負荷削減や人体・生命への負荷軽減といった波及効果を伴う.また近い将来における化石資源の枯渇を考えると再生可能エネルギーの積極的な利活用の必要性も明らかである。そこで、本分野では、材料の表界面制御と多機能化に着目し、材料・加工プロセスの観点からエネルギーの効率的利活用と環境軽負荷エネルギーの創出を主題に、原子~ナノ~ミクロンの階層的マルチスケール設計による材料の複合化に関する基礎学理の構築と実用化研究を遂行する。

研究テーマ

  1. 原子配列制御と第一原理計算を駆使したチタンの高強度・高延性機構解明
  2. 界面に着目した炭素系ナノカーボン分散金属基複合材料の強化機構の解明
  3. 3次元ナノ構造化による表面機能化と新規バイオマテリアルの創製
  4. 分子構造変化に着目した金属と樹脂系材料の直接接合プロセスの構築
  5. バイオマス由来多孔質ナノ構造シリカ合成と弱アルカリ性注入材への展開
  6. ナノ析出によるNi-rich 型TiNi 形状記憶合金とステントでの血管拡張性評価

教授
近藤 勝義


准教授
梅田 純子


助教
設樂 一希


 

酸素原子固溶強化チタン焼結材の高強度・高延性発現機構の解明ー酸素固溶量の違いによる変形過程(引張試験)での引張・圧縮双晶の導入挙動への影響(低酸素固溶による粒界への変形双晶の集中と局所変形(necking)の促進および一様伸びの現象).マイクロピラーを用いた圧縮試験における高酸素固溶Ti材での底面および柱面での変形挙動.Materials Science and Engineering A, 716 (2018) 1-10.

カーボンナノチューブ分散強化アルミニウム複合材料における公称応力-歪み線図と24hrミリング処理CNT-Al材の引張破断部近傍での高分解能TEM観察結果と逆フーリエ変換写真およびCNTの長さ・アスペクト比への強化量依存性.. Acta Materialia, 140 (2017) 317-325.

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.