研究分野

 本共同研究部門では、接合科学研究所が保有するレーザ加工や材料科学などの先進加工技術と大阪富士工業株式会社が保有する製造技術を融合し、微細から長大までの広範な構造物に様々な先進機能性を付加する加工技術を開発することを目的としている。
 具体的には、半導体レーザ、ファイバーレーザなどを用いたレーザクラッディング法による機能性表面処理法の開発、銅やタングステンなどの難溶融材料の表面処理技術、さらにはLAMに関する基礎的検討も行う。
 最終的には、開発した技術を応用した次世代機能性加工技術の実用化を目指している。  

研究テーマ

  1. レーザクラッディング法による材料表面の高度機能化技術の開発
  2. 小径、薄板部品への表面高度機能化技術の確立
  3. 従来表面改質技術とレーザ技術との複合化
  4. レーザアディティブマニュファクチュアリング(LAM)技術の確立
 

特任教授
阿部 信行
特任助教
林 良彦
特任助教
安積 一幸
 
招へい研究員
米山 三樹男
招へい研究員
辰巳 佳宏
  教授(兼任)
塚本 雅裕

   
 
   

高速度カメラによるモルテンプール観察 (WC複合材)

レーザクラッディング実験装置

スクリュー端部へのレーザクラッディング

ビーム制御により得られた幅広でフラットなクラッド層
(ハステロイ)

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.