研究分野

 環境・エネルギー問題が地球規模で深刻化する中、本研究分野では環境負荷を大きく減らすような材料プロセス技術や環境調和型材料の研究開発に取り組んでいます。特に機能発現の要素となる無機ナノ・マイクロ材料に焦点をあて、それらの合成、成膜、接合、集積化、および3次元パターニングのための低環境負荷な方法論の開拓を行っています。さらに、関連する基礎学理を構築するとともに、本研究分野で開発された新プロセス技術を用いて、環境・エネルギー関連材料およびデバイスの研究開発を進めています。

研究テーマ

  • 環境に優しいナノ・マイクロ粒子の液相合成
  • 環境に優しいナノ・マイクロ粒子のアセンブリ技術
  • 環境調和材料の開発
  • 環境モニタリングデバイスの開発

教授(兼任)
西川 宏


准教授
阿部 浩也


特任研究員
F. Li


 


 


 


(上)還元剤フリーな貴金属ナノ粒子の合成
(中)添加剤フリーな形状制御技術
(下)還元剤フリーな貴金属ナノ粒子の成膜


(上)ダイレクトライティングによるナノ粒子インクの直接描画
(左下)貴金属ナノ粒子の可視光直接描画
(右下)磁場下での磁性ナノ粒子の自己集積

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.