研究分野

 接合構造化解析学分野では、溶接・接合科学における、熱源・材料・プロセス・力学が連成した諸現象の数学的モデル化と、information technologyを用いた数値シミュレーションの工学問題への展開に関する教育および研究を行っている。
 前者は未解明現象のモデリングに必要な現象の理解と数値計算技術に関する基礎研究であり、研究のシーズに相当し、後者は、こうしたシーズの各種接合構造体の機能および信頼性評価という実用的ニーズに向けての展開である。
 また、溶接・接合技術を用いて作製される製品における、溶接変形・残留応力などの予測と制御さらには異種材料で作製される不均質構造体についても研究を行っている。

研究テーマ

  1. 熱源・プロセス・材料・力学が連成した非線形・複合問題の解析法開発
  2. 接合プロセスの定量的分析とこれに基づく問題解決
  3. 不均質あるいは異種材料で構成された構造体の強度評価
  4. 大型構造体の溶接変形・残留応力の数値シミュレーションによる予測法の開発
  5. 測定法と有限要素法の統合による材料特性と残留応力の同定
  6. 溶接加工や塑性加工と強度評価における一貫解析手法の開発

教授
麻 寧緒


准教授
芹澤 久


特任研究員
楢﨑 邦男

接合構造化解析学の理念と目的

(a)二輪車用部品の溶接変形に関する解析および計測結果
(b)粒子法による摩擦攪拌接合プロセス解析
(c)金属/樹脂CFRPの摩擦重ね接合プロセスの熱応力解析モデル
(d)異材レーザ接合の熱応力解析モデリング
(e)固有ひずみ法とFEMによる3次元溶接残留応力の計測

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.