研究分野

 アディティブ・マニュファクチャリングは、任意形状の2次元断面を積み重ね複雑形状の3次元構造を形成する先進プロセスである。本講座では、金属やセラミック微粒子を分散した樹脂ペーストを素材とする、独創的なプロセスを考案した。リソグラフィー方式では、微粒子ペーストを平板上に塗布し、高輝度レーザ走査により断面を描画しつつ積み重ね、層間接合することで実用材料の構造体を作製する。デポジション方式では、微粒子ペーストをプラズマやガスフレームなどの高温熱流へ導入し、部材表面へ吹き付けて肉盛溶射を繰り返しながら、複合組織や凹凸模様を作製する。電子デバイス・生体インプラント・畜発電モジュールなどの研究開発を進め、持続可能な社会発展へ寄与したい。

研究テーマ

  1. ナノ微粒子造形プロセスにおける接合機構の解明と高精細化ならびに高速化の両立
  2. 微粒子造形を用いた電磁波デバイスにおける構造制御とテラヘルツ波リアクタの試作
  3. バイオセラミックス微粒子造形を用いた代謝型機能を有する人工骨インプラントの形成
  4. 軽合金を用いた制御多孔構造の微粒子造形と部材軽量化による環境負荷低減効果の検証
  5. ナノ微粒子溶射プロセスのアディティブ・マニュファクチャリング手法への応用検討
  6. 微粒子溶射を用いた燃料電池モジュールにおける固体電解質セラミックスの緻密膜形成
  7. 熱交換器部材に対するセラミックス微粒子溶射による高熱伝導性と高温耐食性の両立
  8. 積層焼成過程による低温安定相を有する機能性皮膜の高速形成と実用部材への応用
教授
桐原 聡秀
レーザ走査方式の光造形アディティブ・マニュファクチャリングによる微細構造を包含する実用部材の作製 パターン露光方式の光造形アディティブ・マニュファクチャリングによるマイクロ機能性構造体の作製
微粒子ペーストを用いた溶射法とナノ/マイクロ構造を有する金属ならびにセラミック積層組織の形成  
 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.