研究分野

 

 本分野は、各種構造物の信頼性(安全性、耐久性)評価手法の高度化、維持管理・補修補強の最適化、さらに高機能を有する材料および構造体の創出を目指し、先進の計測技術を用いた実験的研究と数値シミュレーションを用いた解析的研究をマルチスケール(ミクロからマクロレベル)に実施する。さらに、寿命を迎えたものは安全に解体し、廃棄、あるいは、利用可能なものは再利用する循環ループの具現化を目指した『頼りになる設計学(Dependability)』の確立に向けた基礎研究を行う。
 これらにより「ものづくり」における各種プロセスおよび設計の高精度化・高品質化の達成と維持管理、補修補強および余寿命評価を包括する循環ループにおける頼りになる設計学の構築を目指す。

研究テーマ

  1. 構造部材および接合部の信頼性評価
  2. 材料変形挙動のモデリング技術の高精度化
  3. 疲労(き裂発生・進展)寿命評価手法の高度化
  4. 変形・き裂計測技術の高精度化
  5. 鋼構造物の長寿命化技術の開発
  6. 高張力鋼や高経年鋼材の溶接性および継手性能評価
教授(兼任)
南 二三吉
准教授
堤 成一郎
特任助教
F.Riccardo
   
特任研究員
R. Gadallah


数値シミュレーションによる疲労現象の解明

 鋼構造物の長寿命化技術の開発

超高速・大型・繰返し試験
超高速衝撃構造性能評価システムを用いた構造部材の健度診断(最大速度1,200mm/sec、最大荷重1,200kN、フルストローク500mm)

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.