研究分野

 ダイヘン溶接・協働研究所は、溶接接合分野の革新的な高機能化・高効率化に向けた技術開発を目指して、2019年4月から大阪大学接合科学研究所内に設置されました。㈱ダイヘンが有する溶接・接合技術及びデバイス開発技術と接合科学研究所の世界トップレベルの学術研究と工学研究科マテリアル生産科学専攻の教育・研究力を融合させ、モノづくりに変革をもたらす溶接・接合技術の研究開発を推進します。

具体的な内容

  1. アーク物理現象の本質的な理解と溶接冶金学的観点からの接合メカニズムの解明および信頼性の予測・評価による、高品質・高効率溶接プロセスの性能向上と適用範囲の拡大に向けた研究開発
  2. 大阪大学における世界的な学術研究における知見とダイヘンが保有する溶接機器制御技術および溶接プロセス制御技術との融合による、世界トップレベルの新接合技術,及び可視化技術を応用した溶接法の高機能化に向けた研究開発
  3. 学生・若手技術者のプロジェクトへの積極的参画を促すことによる、世界に通用する技術者・研究者の育成

研究プロジェクト

  1. 厚板高効率アーク溶接法のアーク現象の解明と信頼性評価

  2. 異種プロセスハイブリッド接合法の研究開発

  3. 電磁流体シミュレーションによる新熱源の研究開発

 

所長
教授(兼任)

井上 裕滋


副所長
教授(兼任)
田中 学


副所長
招へい教授

恵良 哲生


招へい研究員

門田 圭二





(a) 高効率アーク溶接法



(b) 19mmt 1パス完全溶込み溶接



(c) 40mmt 5パス溶接

 


(d) 高効率アーク溶接法の組織解析

 


(e) トーチ形状によるシールドガス流の可視化

 

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.