研究分野

 本研究分野では、レーザ科学と生産技術との高度な融合を目指し、レーザを活用した接合、切断、表面改質、分離・除去等の材料加工法に関する基礎研究を実施している。特に、溶接・接合現象について光学的観察法およびX線透視法等による可視化を行い、溶接・接合メカニズム解明やモニタリングの知能化等の研究に焦点を当てている。さらに、レーザの効率的な熱的な利用だけでなく、光と物質との相互作用に基づく物理化学的な作用を活用し、樹脂金属直接接合等の革新的な新プロセス創出やその実用化に取り組み、社会に発信を行っていく。

研究テーマ

  1. 新機能材料のレーザ溶接・接合プロセスの開発と評価
  2. レーザ溶接現象および溶接欠陥形成機構の解明と欠陥防止法の開発
  3. レーザ溶接時のモニタリングの知能化および適応制御法の開発
  4. レーザによるクラッディングおよび積層造形技術の開発
  5. レーザを用いた表面改質による新機能創製
  6. レーザと物質との相互作用現象の解明およびレーザによる切断・表面改質・除去加工法に関する基礎研究

教授
塚本 雅裕


准教授
川人 洋介


特任研究員
佐藤 雄二


特任研究員
東野 律子


特任研究員
升野 振一郎


特任研究員
王 洪澤


フェムト秒レーザ加工システムにより酸化チタン皮膜の表面に形成された微細構造、
(a) 偏光方向に垂直に溝が形成されたナノ周期構造(周期:約230nm)のSEM 像、(b) 周期的微細構造の溝方向へ伸展した骨芽細胞


短パルスレーザを用いた炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の切断、
(a) CFRP クロス材、(b) CFRP の切断面の走査型電子顕微鏡(SEM)像、(c) CFRP の切断面のSEM 像:高倍率


レーザ溶接基礎現象の解明
(a) 光学的観察法、X線透視法、(b) 溶融池内部の3 次元湯流れ、(c) レーザ溶接プロセスの概要図

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.