HOME

教育・研究内容

研究組織

接合界面機構学分野

研究組織

接合機構研究部門

接合界面機構学分野

本研究分野は、鉄鋼材料、非鉄材料、非金属材料およびそれらを組み合わせた接合・溶接界面における諸現象を巨視的、微視的に解析することで、種々の接合・溶接プロセスにおける界面の形成機構を明らかにするとともに、その知見を活用した新規界面制御技術を確立することを目的とする。
新たな価値創出のコアとなる強みを有する摩擦接合法(摩擦攪拌接合(FSW)、摩擦圧接、線形摩擦接合)や溶融溶接法を主軸とし、次世代接合&改質プロセス技術を創出し、新たな学術基盤を体系化するとともに我が国の産業競争力向上による持続的な成長の一助となることを目指す。

研究テーマ

1、摩擦接合(FSW、摩擦圧接、線形摩擦接合)界面制御と形成機構の解明
2、新規接合&改質プロセスの開発
3、溶接界面、溶融池形成機構の解明
4、接合界面構造の解析
5、固液界面形成の制御

W トレーサーを用いたFSW中の材料流動の3次元可視化

線形摩擦接合法を用いて作製した薄板鋼板の継手断面のミクロ組織とビッカース硬さ

メンバー

教授

藤井 英俊

助教

山下 享介

特任教授

潮田 浩作

特任准教授

森貞 好昭

特任講師

青木 祥宏

特任講師

三浦 拓也

特任研究員

釜井 正善

特任研究員

A. Sharma

特任研究員

R.Shotri

特任研究員S

川久保 拓海

特任研究員S

相原 巧

特任研究員S

伍 沢西

特任研究員S

伊藤 鉄朗