HOME

教育・研究内容

研究組織

接合組織評価学分野

研究組織

接合評価研究部門

接合組織評価学分野

次世代の高機能機械製品・構造物の製造には、革新的なものづくり技術の構築が求められる。接合組織評価学分野では、材料の特性や機能を最大限に活用するため、材料科学的な観点から、溶接・接合部の特性の高精度な評価、支配因子の解明ならびにその制御・予測技術を構築することを目指した教育研究を行う。材料の凝固・変態挙動の理解を踏まえた溶接・接合部の組織形成機構の解明や、溶接・接合部の信頼性や寿命の評価・予測を目指し、実験とシミュレーションを用いた研究を推進することで、社会に還元できる新たな溶接・接合技術の創出を目指す。

研究テーマ

1、ステンレス鋼および炭素鋼溶接金属の凝固・変態中における組織形成機構の解明
2、溶接過程および三次元積層造形過程における高温割れ感受性に及ぼす支配因子の解明および割れ発生予測技術の構築
3、ステンレス鋼溶接部の耐食性に及ぼす支配因子の解明
4、高資源循環を志向した先進ものづくり技術の創成
5、その場観察を用いた溶接凝固・変態挙動の解析および高温割れ感受性の高精度評価
6、ミクロ組織制御による溶接金属の特性改善技術の確立

凝固形態制御による靭性の改良

高温割れ感受性試験による割れの評価と解析

高温レーザ顕微鏡による高温In-situ観察

メンバー

教授(兼任)

三上 欣希

准教授

門井 浩太

助教

Y. Hou