研究分野

 

 次世代ものづくり技術を活かした健全な構造物を得るためには、溶接・接合部の特性支配要因の解明、特性劣化原因の究明、および、特性改善・向上技術の確立が重要である。溶接・接合部の諸特性はそのミクロ組織と密接に関わっていることから、信頼性評価・予測システム学分野では、材料の凝固・変態挙動の理解を踏まえて、溶接・接合部の組織形成機構を明らかにするとともに、ここで得られた知見に基づいた新しい組織制御技術および特性改善技術の確立を目指す。加えて、溶接・接合部の信頼性評価、寿命予測、溶接・接合現象のシミュレーションなどに関する研究を推進し、材料科学的な視点から社会に還元できる新たな溶接・接合技術の創出を目指す。

研究テーマ

  1. 高強度鋼溶接金属の組織形成および機械的特性に及ぼす凝固挙動の影響
  2. 鋼溶接金属の包晶反応機構の解明とシミュレーション
  3. ステンレス鋼の溶接凝固割れ感受性に及ぼす支配因子の明確化
  4. 粒界制御材による溶接高温割れ性の改善
  5. 溶接部の耐環境性評価およびその影響因子の解明
  6. 二相ステンレス鋼溶接部の組織最適化技術と特性改善
  7. レーザ高温顕微鏡を用いた溶接凝固・変態挙動の解析
  8. オーステナイト系ステンレス鋼溶接金属のδフェライト形態および特性の予測
教授
井上 裕滋
准教授
門井 浩太
助教
鴇田 駿

   
     




(a)レーザ顕微鏡を利用した高温 in-situ 観察システム

(b)溶接熱履歴(冷却時)に対応した組織形態のその場観察結果

(c)急冷凍結法で現出させたオーステナイト系ステンレス鋼溶接金属の凝固組織

(d)ステンレス鋼溶接金属のEBSD像(フェライトとオーステナイトの二相が独立して成長)

 
Copyright© Joining and Welding Research Institute Osaka University. All Rights Reserved.